CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 自分美を楽しむ会@おうちサロン メイクアップイベントに招かれました♪ | main | ありがとう、の反対語。 >>
疲れちゃったら休む、が一番。

久々に、我が家話。

長文なので、お付き合い頂ける方だけどうぞ(*'▽')

ちょっと、疲れちゃったら休む、が一番(*'▽')

息子くん
週末のこと。

 

パパとパパのお友達との、
楽しいスノボから帰ってきて。

美味しいもの食べれなかったーとむくれ顔で
お腹減って、お帰り。
あったかい、出来立てご飯が目の前にある。

ちょっと疲れちゃった彼は
楽しかったけど、全部が全部
思うように叶わなくって。

DVD観たかったのに車で寝ちゃった、
寝るしかなかった、とか

DSしたかったのに、
『宿題を終わらせてからね』
のママの言葉に、DS出来なかった、とか

お風呂も、面倒くさい

文句しか出てこない。

お疲れ様はわかるけれど
恵まれていることに感謝できず
与えられて当たり前、ばかり。

最後には『面倒くせー』『面倒くせー』
と投げやりになり

 

最後には、『生きてることが面倒くせー』
と発してしまった。

 

私は、冷静に、この言葉に対する
一番の返し方や方法を考えてみたけれど。

何を言っても、今は、彼への私からの言葉は
届かないなぁ、と考えて。

 

平手打ちして、コタツ虫を玄関まで
ひきずりだしました。

 

息子は何も言わずむくれて
主人の『もう寝なさい』の言葉に
お布団に入り、葛藤の中で静かに泣いていた

 

私も、枕元にいって、
彼の怒りに向き合いながら
伝えたいことを伝えて静かに泣いた。

 

そして、眠りについたふりをしている息子に
静かに、丁寧に、伝えたいことを語りかけて
最後は、声を上げて泣いた
(半分ほんと。半分演技。)

 

翌朝、息子は学校に行きたがらなかった。

どんな理由でも、加減をしても、
暴力はいけないから詫びたら、
許してくれなかった。そりゃそうだw

 

つついてみたら、お友達3人ほどが
クラスで意地悪してくるって
学校行きたくない、ご飯も食べない、
勉強もしたくないって泣いた

最初は嫌がっていたけれど、
無理やり抱っこしたら
胸で泣いてくれた。

 

わかったよ、大丈夫。疲れたら、
休んだらいいんだよ

 

お友達のことは、さほど大したことではない
理由づけがしたかったけ、と察した私

 

学校を休むという彼の中のタブーが
許されたの安堵で
息子はすっかり落ち着き

朝食を完食後、コタツ虫で再び眠りに落ちた

 

月曜日は、お陰様でお仕事でSOSのお客様が
本当に多くって
お昼も食べる時間も厳しいほど。
2030までノンストップで
ありがたいご予約

 

まさか、息子のSOSまで重なるなんてね、
と苦笑い(*´ω`)

 

全ての女性の為のヨーガの途中で
息子はお店に降りてきて、
小さなお客様の子守を
上手にしてくれました。

 

それから、ずっとお菓子作りがしたいって
懇願されていたので
材料を買いに行ってもらい
母、必死にクレープ生地だけ一緒に調合し
帰宅したギボンヌに頼んで、
ホットプレートでイチゴのクレープケーキを
家族分作ってくれました。

 

お昼ご飯は、ケチャップで♡を描いた
愛情こめこめオムライス。

子育て、必死w

 

夜には、宿題をきちんと集中して
自分で終わらせて

『生まれてこなければよかったなんて
言ってごめんなさい。』

『これから気おつけます』

と反省手紙をくれました。

瞳を見ながら、親子の会話。

『ママが死んだら嫌って
思ってくれてるんでしょ?』

『うん』

『一緒だよ。君が死んだりしたら、
ママ悲しくて死んでしまうよ。
ちゃんと、生きてね』

『うん』

 

可愛い君よ、しっかり前に。

 

昨日は、授業参観。
日曜日の夜の君はどこに行ったのか、
と思うほどに、目を純粋な犬のように輝かせて°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
キラキラ笑って『ママ、ママ!!』って
手を引いて最前列に案内してくれて、
キレッキレのダンスを披露してくれた。

 

少人数で毎回同じメンバーの
気の知れた懇談会でお母様方に、
キレッキレのダンスwや息子の無邪気さを
褒められましたが

実は、こんな一面もあるんですよ、
心に陰が入ると
ぶつかっちゃうこともあるかもしれないので
気になることがあれば何でも
私に言ってくださいねって
先生にも、お伝えしました。

 

その子の個性はあるけれど、やっぱり、
親や周りのサポートや理解が
すごく大事ですね、って、語り合いました。

 

子供が、みんな、その個性を大事に、
自分を大事にできるといいなぁ。
自分を大事にできたら、周りにも優しい、
でしかない。

今日も、子供は私を育ててくれる、子供先生。

ありがとね、息子くん。

愛をこめて。

| 子育て話。 | 06:14 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.bodycore.info/trackback/995014
トラックバック